予防法

吐血と喀血はいずれも口からの出血に違いはありませんが、喀血は咽頭から肺をつなぐ気道(呼吸器の一つ)から出血する症状で、吐血は十二指腸よりも上にある消化管から出血する状態を指しています。
我が国における結核への対策は、1951年に施行された「結核予防法」に準ずる形で実施されてきましたが、平成19年から他の数多ある感染症と一まとめにして「感染症法」という名の法律に基づいて実行されることに決定したのです。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を悪化させたり変異をもたらすような害のある物質を身体の内部で解毒し、肝機能を促進するような性能が明らかになっています。
70代以上のお年寄りや病を持っている人は、より肺炎に弱く治療が長引く傾向にあるため、常日頃の予防や早めの手当が肝要です。
眩暈がなく、辛い耳鳴りと難聴の2つの症状を幾度も発症するタイプのことを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」というようなケースが多いそうです。
くも膜下出血とはそのほとんどが脳動脈りゅうと言われる脳内の血管にできた不要なコブが破れることで発病する死亡率の高い病気だと多くの人が認識しています。
期外収縮は、健康体にも出現することがあるためさほど珍しい心臓疾患とは限りませんが、短い期間で発作が続いてみられるケースは楽観視できません。
世界保健機関(World Health Organization)は、有害なUV-Aの無理な浴び過ぎは皮ふの病気をもたらすとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で日焼けサロンを利用することの禁止を広く世界中に勧告中です。
基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が何もせずに横たわっていても消費してしまうエネルギーのことですが、大半を体中の骨格筋・内臓の中で最も大きな肝臓・多量の糖質を必要とする脳で占めるということです。
陰金田虫というのは、医学上は股部白癬と呼び、かびの一種の白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、お尻などの部分に感染してしまい、寄生する病気で水虫です。
骨折によって大量に出血してしまった場合、血圧が下がって周囲が揺れ動いてみえるようなめまいや冷や汗、吐き気、意識喪失などの不快な脳貧血症状が現れる時があります。
酒類に含まれるアルコールをクラッキングする力があるナイアシンは、不快な宿酔に有効な成分です。不快な宿酔の要因だと考えられているエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の分解に携わっているのです。
万が一血液検査で現在卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値よりも少なくPOFだと分かったら、足りていない女性ホルモンを足すような処置で治せます。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)にある血糖値に関与しているβ細胞が何らかの理由で壊れてしまうことによって、膵臓からは大半のインスリンが分泌されなくなることによって発病してしまうという種類の糖尿病です。
春と秋に患者が増える花粉症とは、山の杉や檜、松などの大量に放出される花粉が原因物質となって、くしゃみ・頭重感・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの色々なアレルギー症状を生ずる病気として日本人に定着しています。